Monthly Archives: 9月 2015

たった5分で一週間分の献立を選んでLINEで嫁へ送るアプリ

ども。こんばんは。

前回、クックパッドアプリを使って失敗した話を書いてから仕事がバタバタしててブログの更新が遅くなりました。

アプリ自体はほぼ完成しているので今日は少し紹介したいと思います。

私と同様、奥様からの「来週食べたいモノは何?」攻撃に参っている旦那様へ送るアプリです。

特徴は、

「キャベツ」「トマト」といった食材以外にも「ビールにあう」とか「おつまみ」等のキーワードでも検索可能

、、いろいろ書こうと思いましたが、スクリーンショットと一緒に説明します。

MinaReciアイコン

MinaReciアイコン

 

まずは、前回投稿のアイキャッチ画像でも紹介した「MinaReci(ミナレシ)」アプリアイコン。

こいつをタップしてやると、、

シンプルな初期画面

シンプルな初期画面

シンプルな初期画面が起動します。

このアプリは世の中の同じ悩みを抱える旦那様向けに作ったので、可愛らしさはゼロ。シンプルに、簡単に使えるように作ってます。あっ、でも、奥様にもおススメしますよ。

まずは、検索したい献立キーワードを入力、

ポチポチ入力

ポチポチ入力

食材じゃなくてもキーワードで引っかかった料理があれば表示してくれるので、「ビールにあう」とかでも大丈夫です。入力後に最後「完了」してソフトウェアキーボードを閉じると勝手に検索してくれます。

「ビールにあう」で検索した結果

「ビールにあう」で検索した結果

おっ、「ビールにあう」料理がずらずらっと出てきました。

「ビールにあう!ゴーヤーとツ」、ツってなんだ?と思ったら、料理名をタップ。

アプリ起動画面が出るので「クックパッド」を選ぶと、

もっと詳しく知りたいときは料理名をタップ

もっと詳しく知りたいときは料理名をタップ

料理の材料や作り方を確認できます。

ツってツナのことだったのね

ツってツナのことだったのね

料理名の最後の「ツ」は「ツナ」だったのね。この料理、醤油ベースの味付けなので、ビールに合いそう。

画面を戻して、気に入った料理は、右端のチェックボックスにチェックを入れます。

気に入った料理にチェック

気に入った料理にチェック

そして、新たなキーワード「枝豆」をポチポチ入力してやると、、

次は「枝豆」で検索!

次は「枝豆」で検索!

チェックを入れた「ビールにあう」料理はそのまま残り、チェックが無かった料理が「枝豆」でヒットした料理に置き換わります。

この作業を繰り返して、7つのメニュー(1週間分)表を作ります。

「枝豆」は1つだけ残して「おつまみ」で再度検索

「枝豆」は1つだけ残して「おつまみ」で再度検索

この献立表を作るときのポイントは、

悩まない

もともと、嫁からの無茶ぶりに毎週のように悩んでいたをなんとかしようと思って作ったアプリ。このアプリを使うときに悩んでいたら、そもそもこのアプリを作った意味が無いのです。

  • 料理名が切れてて気になる -> 想像しましょう。
  • 手に入りにくい食材だと嫁が困るのでは? ->  ダメなら再検索すればいい。
  • 作り方が難しいと嫁が嫌がるかも。。 -> ダメなら再検索すればいい。
  • そもそも美味しいのか -> そこは疑っちゃダメ。献立を作るのが目的。

気になりだすとキリがない。もちろん、自分で作る前提で、自分が食べたいものを探すのに時間をかけるのはアリですが、奥様のお悩みに一緒になって悩むことに時間を使うのは止めましょう。

1つだけヒントとして、最初から自分の好みを入れるのではなくて、メイン食材は最低1つ決めて検索するといいです。例えば「キャベツ」とか「牛肉」とか。家族構成にもよりますが、メインの食材は1日で食べきれないものも多く、例えばキャベツを丸ごと1個買うと、4人家族でも1日で食べきるのは(料理次第ですが)難しいです。なので、メイン食材を使う料理は献立次第で最低2日とか入れておくと、奥様から高評価をもらえるかも。

そして、献立が出来たことろで、ジャッジのお時間です。

「LINE投稿」ボタンをぽちっとすると、LINEのトークへ送信することができるので、嫁に向かってドーン。

恐る恐る送信

恐る恐る送信

最初、「キャベツ」で送ったら1日放置だったので、「ビールにあう」「枝豆」「おつまみ」で再構成したメニューを送りました。お酒好きにはたまらない一週間になりそうです。

レシピ情報へのURLも一緒に送信されるので、奥様は料理の情報を見ながら買い出しに出かけるわけです。当然、メニューがイケてないときは、奥様からダメ出しの返事が届くでしょう。そんなときは、めげずにMinaReciを使って、献立を作り直しましょう。

さてさて、ここから先、我が家では嫁のお仕事。必要な食材の手配と料理は嫁がやります。この投稿に対しての嫁の反応はいつか書こうと思います。

今日は「MinaReci」アプリの紹介でした。

ではでは。

追伸: このアプリはGoogleのPlayストアには未登録です(^^; 登録にはいろいろ手続きが必要なので、しばらく使ってみて嫁の反応が良かったら登録します。もし、興味を持ってもらえる人が居れば頑張ってASAPで登録します。

 

クックパッドアプリを使っても毎日の献立の悩みからは解放されない

ども。こんばんは。

突然ですが主夫してますか?私はしてません。

毎日の献立でお悩みですか?私は悩んでません。

私は仕事から帰ったら、食う寝る遊ぶが基本。

 

ところが、そんなお気楽旦那の横で、毎週のように、深いため息と一緒にうちの嫁が吐くセリフが、

「来週何食べたい?」

です。

我が家は、毎週末スーパーへ買い出しに出かけます。1週間分の食材をまとめて買ってくるんです。川崎市に住んでいるのですが、スーパーと言ったらSANWA(三和)。沢山ある地元スーパーの中でもダントツで安くて質がいいと思っています。

週末の買い物の前に、嫁は「買い物リスト」を作ります。一週間分の献立と必要な食材や嗜好品(コーヒーやらお菓子やら)をPick upしておくんです。

この「買い物リスト」作りのときに、あの質問が飛び出します。

もう慣れたんですが、何も答えないわけにもいかず、「うーん」、「何かなぁ」とか、間を持たせつつ、思いついたメニューを2、3答えるわけです。

あまり、和洋中と入り乱れて、メインディッシュが肉魚、主菜も日々変わるようだと、買い物も時間がかかるし、作るのが大変だろうと、気を遣おうとしますが、自分に料理のボキャブラリーが無いので、大抵、「カレー」「ハンバーグ」「焼き鳥」とか、お前は小学生か、と突っ込まれそうなメニューばかりが続いてしまうのです。

余談ですが、焼き鳥は、今流行りの塩麹をまぶした特製の焼き鳥です。塩麹の効果で肉が柔らかくなり、程よい塩加減でそのままイケちゃう嫁の自慢の一品です。ビールにも合うし、柚子胡椒で食べると旨さ倍増とあって、私の中の推しメシです。

でも、毎週のように繰り返されるやり取りに加えて、献立がなかなか決まらないときは精神的によろしくなく、正直、何とかならんかなーと思っていました。

私自身は料理をしないので、全くノーマークだったのですが、巷では、「クックパッド」なるレシピ検索サービスサイトが大人気なよう。名前は聞いたことありましたが、どんなサービスなのか知りませんでした。

で、今日の昼間、いつものように「今週何食べたいか?」です。※シルバーウィークの関係で買い出しがいつもより遅れました。

来た!

しかし、今日の私には心強い味方がいる。

そう「クックパッド」だ。膨大なレシピデータベースの中から、お好みの一品を見つけちゃる!!

スマホから「クックパッド」アプリ起動!!

さぁ、来い!

「で、何が食べたいの?」

「えっ、いや、何というか、このアプリおススメの、お好み焼き風キャベツサラダ、とかどう」

「何それ、お好み焼きなのサラダなの?主食なの副菜なの?」

(知らんがな…)

「誰のおススメ?」

(誰でもいいがな…)

あえなく撃沈。

膨大なデータベースが表示されるメニューから、食べたい一品を見つけるのははっきり言って無理。

クックパッドアプリのコメント欄を見てると、「冷蔵庫の残り物を使うときに便利」等、すでに何かしらの食材を前提にして使っている人が多い。

なるほどねー。

でも、我が家は前もって一週間分を買ってしまうので、食材の残りはほとんど出ないのだ。出てもそのまま冷凍するか翌日にすぐ食べてしまう。

レシピを検索したいのではなくて、一週間分の献立を作りたいんですよね。

安易にアプリに飛びついた私が迂闊でした。妻の用事はレシピを調べることではなかったのに。。

で、Google Playを探してみたのですが、それらしきアプリが見つからなかったので、無いときは自分で作れというオープンソースな考え方に生きることを決意して、アプリを作りました。その名も MinaReci 。

9割方基本機能は完成していて、少しバグが残っているので修正中。

明日くらいにはスクショをご紹介できるかな。

今夜は、アプリアイコンでご勘弁を。

ではでは。