本を聴いて楽しむサービスAudible。新しいサービスが続々登場してますね。

By | 2015年12月27日

知らなかった。。

Audible

Audibleは、アマゾンの関連会社で、アマゾンサイトにおける唯一のオーディオブック出品者です。Audibleはお客様を大切にするオーディオブックのストアとして、世界各国でご利用いただいています。

オーディオブックとは、目で読む本ではなく、プロのナレーターによる物語を耳から聴いて楽しむためのサービスです。Audibleでは、ベストセラーや文学、ビジネス、ライトノベル、落語など豊富なコンテンツを月会費のみで、何タイトルでもお楽しみいただけるサービスを提供しています。

Audible Inc.が日本でサービスを開始したのは今年、Amazon傘下になったのは2008年だそう。若い会社なのかと思いきや、創業は1995年!

言われてみれば、オーディオブックというサービスは、自分が高校生のとき(1995年ころ)にはラジオCD(やテープ)のドラマCDといったカタチで存在してました。

声だけで面白いの?

と思われるかもしれませんが、映像が無い分、自分の空想でカバーするのが楽しいですよ。声優(?)さんのイメージが自分の空想の世界とズレていたときはガッカリしますけどね。

好きな漫画がTVアニメになったとき、気に入っていたキャラクターの「声」を初めて聴いたときの「これは違う」感。

経験ありませんか?

 

話が明後日に飛んでしまいましたが、Audibleが面白いのは、普通の文学書や小説のようなものから、落語、童話、ビジネス書まで取り揃えてるところ。

ビジネス書って、声だけで上手く伝えられるんですかね。図や表を沢山使って説明すrようなビジネス本を音声にするのは難しそう。

AudibleはAndroidかiOSのアプリから使うのですが、サンプルを聴くだけならパソコンからでもOKです。いくつかビジネス書を試しに聞いてみました。

声優さんが上手いのか全く違和感なし。自然な感じで耳に入ってきます。

制作側も本を選んでいると思われ、Upされているサンプルは問題なかったです。

まぁ、当然ですよね。

突然、「図-1のグラフを見ると…」とか「表1から読み取れるのは…」

とか流れても、困っちゃいますし。

音声だけのサービスとしては高額

月1500円で聴き放題。これを高いとみるか、安いとみるか。動画配信サービスが月額数百円というものが多いなかで1500円というのはなかなか攻めてますねAudibleさん。

「よくあるご質問」ぺーじを見ると、ストリーミングではなくて、ダウンロードなんですね。ダウンロードのほうが好きな時に聴けるで嬉しいです。

今は書籍メインですが、著名な方の講演会とか音声で提供できるコンテンツは探せばまだまだありそうです。これから楽しみ。

そうそう、1カ月の無料体験期間が終了すると、自動的に正会員となりお支払いが発生します。とのことなので、ご注意を。

追伸:12/25までスタバで回収してたオーディオブック用の古本は、まさかAudibleに流れてたりしないよね(笑)


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です