飛行機の中でアルセーヌ・ルパンとシャーロック・ホームズに出会った

By | 2016年3月17日

今日はむちゃくちゃ暖かかったぞ。

 

絶好の散歩日和。昼休みに隣駅まで散歩したけど、春はすぐそこまで来てるって感じだったな。

 

ランチパスポート、今日はお休み!!本当はとあるお店に行ったんだけど、今日は入荷がなくてランパス使えなかったんだ。

 

まじかよ。。

 

 

代わりにと言ってはなんだけど、先週、韓国に出張したとき、飛行機の中でオーディオブックを初体験したことを書こうと思う。

 

オーディオブックと言えば、Amazonがサービスを開始した Audible が有名だよね。

 

これこれ。

AmazonのAudible

AmazonのAudible

 

 

飛行機はJALで、Amazonが提供したものかどうかは分からず。飛行機の中で写真が撮れなかったのが残念。

 

韓国までは約2時間なので、最初は、

 

「映画でも見ようかな」

 

 

と思ってたんだけど、電子書籍で漫画が提供されてて、

 

思わず、

 

「暗殺教室」

 

を読んじゃった。

 

2時間のフライトって、ものすごく中途半端で、2時間ものの映画は最後まで観れないんだよな。

飛行機のったことのある人は分かるけど、ちょいちょい機内放送が入るじゃない?そのたびに中断するから、2時間まるまるは使えないし、むちゃくちゃいいとこで終わっちゃうんだ。

 

オーディオブックは、2時間もなくて丁度良かった。

 

「暗殺教室」を一冊読んだところで、目が疲れてきたので、オーディオブックにスイッチ!

 

ちなみに、聴いたのはこれ。

 

ルパン対ホームズ

 

あれ?ルパンとホームズって作者同じだっけ?

 

教えてWikipedia先生~。

本作を含むルパン作品の世界には、「エルロック・ショルメ」とは別に、小説中の人物としてれっきとした本物の「シャーロック・ホームズ」が存在する。エルロック・ショルメは、「まるでコナン・ドイルの小説の中から抜け出してきたような」と噂されて登場するのである(が、実際の彼が登場すると、シャーロック・ホームズのような容姿を期待していた周囲の人間は、そのイメージとのギャップに少なからず落胆を強いられる、という描写までハッキリとある)。

やっぱり作者違うよね。

(このショルメというのがルパンに出てくる、ニセモノ?のホームズのこと。)

 

 

で、オーディオブックを聴いてみた感想なんだけど、一言でいうと

 

「懐かしい」

 

感じなわけ。

 

1990年代半ばには、「オーディオCD(ドラマCD)」が出てたからなんだろうね。

 

オーディオCD(ドラマCD)はそのものずばり、CD収録された小説だとかを聴いて楽しむCDね。

 

これに高校生のときハマったんだよね。

 

毎日のように聴いてた。

 

その感覚がよみがえったというわけ。

 

ラジオが好きな人には伝わるかも。

 

音声だけの「世界」って半端なく広い!!

 

もうね、どんどん妄想の世界が広がっていくんだよ。

 

。。

。。

 

Audible 始めてみっかな。


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です