新しいマンガの楽しみ方(dTV+chromecast)

By | 2016年4月24日

最近、漫画やアニメにハマってます。

 

基本、インドア派なので、一日、マンガよんだりDVD見たりすることも。

 

今一番アツイのは、

 

dTV

 

妻がDocomoのdTVを契約しているので、映画やドラマといったコンテンツが定額見放題で、マンガやアニメもそれなりに揃ってる。

1つの契約で、5台までのデバイスで再生することができるから、家族皆で自分のスマホで見るという使い方もできちゃう。

 

うちでは、

 

  • スマホ 妻
  • Chromecast リビングTV
  • NotePC 自分
  • iPad お出かけ用

 

こんな感じで使い分け。子供たちが大きくなると、そのうちスマホを持つようになって、好きなコンテンツを観たいときに自由に楽しむようになるんだろうなー。

 

凄い世の中だな。LINEしながら同じ番組を観たりできるようになるのかな。

 

今のdTVは他のデバイスと同期して再生したりすることはできないけど、そのうち対応しそうな気がする。

 

昔はリビングのTVの前に家族が集まって同じTVを楽しんでいたのが、ネットワーク越しに、好きな相手と同じコンテンツを一緒に楽しむスタイル。LINEでグループトークしながら、映画を観たりするのかな。

 

お~、凄い世の中だね。

 

うちの子供たちは、ときどきyoutubeの動画を見たい~

 

って言ってくるんだけど、そのうち、〇〇さんと一緒に観る~(インターネット越しでね)

 

なんて言って、自分の部屋に籠ったりするんだろうな。

 

dTVが開拓した新しいマンガのスタイル

このdTV、当初は映画やドラマ、アニメといった、普通の動画コンテンツがメインだったのが、最近はマンガなんかも置いてあるのね。

 

知らなかったんだけど、このマンガ、普通のマンガをパラパラ”読む”スタイルじゃないんだな。

 

音声付きのマンガなのよ。

 

 

と思うじゃん。

 

画面に表示されたマンガのセリフに声優さんが声をあてる。だから、アニメーションじゃないのよ。dTV上もあくまでマンガ。

下の画面は、chromecastに表示した「進撃の巨人」のマンガね。アニメじゃない。

進撃の巨人のマンガ

進撃の巨人のマンガ

寄生獣もあったよ

寄生獣もあったよ

アニメじゃないから、マンガが表示される。

セリフは声優さんが担当

セリフは声優さんが担当

進撃の巨人の声優さん

進撃の巨人の声優さん

おっと、主役級の声優が撮れなかった。

マンガに音声が付くだけでこんなに印象が変わるなんてね。

実は「進撃の巨人」の原作をしらないから、声優さんのイメージが違ってて「あれっ?」となることもなくて、すんなりと話に入れました。

 

効果音(擬音)が音声で聞こえてくるのが面白い。

 

ダダダダ、ズシンッ、とかって、もちろん頭の中で音を想像するこてはできるのだけど、実際に音として聞こえてくるとやっぱり迫力が違うね。

 

この、マンガ(静止画)と音声を組み合わせたコンテンツって、意外に面白い。

 

「次のコマはよっ」

 

ってなるよ。

 

AmazonのAudibleは、音声だけだけど、従来の活字コンテンツ(書籍ね)を音声に変換して(声優をあてて)るとことかが似てないか?

 

dTVのマンガをChromecastでキャストしてみる

いや、これ、むちゃくちゃいい!

 

モバイルデバイスで、マンガのような活字コンテンツを長時間観るのは辛いけど、TVに映してやれば、マンガも大画面で読みやすいし、何よりも音声がTVスピーカーから流れてくるから、ホームシアターシステムとか持っていると、やっぱり迫力が違うわ。

 

進撃の巨人なんて、戦いのシーンが多いからね。ピッタリ。暫くマンガから抜けられなそう。

 

次々と新しいコンテンツが生まれているなー。死ぬまで楽しめそうだ。

 

Chromecast ブラック

価格:4,978円
(2016/4/24 21:57時点)
感想(86件)

 


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です