Firebug Lite for Google ChromeとPage Speed Insights

By | 2015年11月19日

このブログを運営している Azureサーバー は、実は日本に置いてあるサーバーではなくて、香港のサーバーだったりします。

海外サーバーなので、運営開始した当初からTOPページにアクセスしたときのレスポンスが少し待たされる感じがして気になっていました。Wordpressのキャッシュ系プラグインをインストールしてある程度改善させることができましたが、しばらくページのアクセス速度を確認していなかったので、改めてGoogle chromeの拡張機能を使って確認してみました。

まずは、Firebug Lite for Google Chromeをインストールします。↓のスクショのゴキブリみたいなアイコンのやつです。

Firebug Lite for Google Chromeをインストール

Firebug Lite for Google Chromeをインストール

続いて、Page Speed Insights (with PNaCl)をインストール。丁度中央付近、青色のアイコンです。

Page Speed Insights (with PNaCl)をインストール

Page Speed Insights (with PNaCl)をインストール

測定したいページ(Tab)を表示しておいて、右上のChromeメニュー⇒「その他のツール」⇒「デベロッパーツール」でFirebugが起動してきます。↓写真、Chromeの右半分近くの領域に表示されているのがFirebugです。Page Speed Insightsは、このFirebugのメニューに追加されているんです。

Firebugを起動してみる

Firebugを起動してみる

Firebugのメニューの”>>”をクリックして、Page Speedが表示されればOKです。Page Speedを起動してみた写真がこちら。

Page Speed Insightsを探してみると

Page Speed Insightsを探してみると

Page Speed Insightsの中のANALYZEするときは、2個ある赤いボタンのうち上側のボタンをクリックします。

追試ですな

追試ですな

このブログで試してみましたが、あまりにも点数が低くて驚きです。今週末の3連休はこのあたりを直したいですね。


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です