Google Playストアにアプリを登録しようとしたが一筋縄ではいかなかった件

By | 2015年11月23日

Googleアプリを作ってみたのが9月下旬、Google 開発者アカウントを取得するのに重い腰があがらず、Playストア登録も延び延びになってしまってました。一応、仕事が激忙しかったんです。と言い訳だけしておきます。

ちなみに、Google開発者アカウントの取得はあっという間です(笑)

それよりも、作ったアプリをPlayストアに登録するための手続きのほうが何倍も時間と手間がかかります。今日も夕方から色々とポチポチしていましたが、結局公開まで至りませんでした。

作業手順の備忘録も兼ねて下記に途中までの流れを記録しておきたいと思います。

Google Play Developer Console

Google Play Developer Console

Google 開発者アカウントを取得すると上記の『 Google Play Developer Console 』にアクセスできるようになります。

このページにアプリのAPKファイルを登録して必要な情報を入力して…、最後に公開ボタンをぽちっとやれば公開されるわけです。

まずは、左上のドロイド君が表示されている

Google Play に Androidアプリを公開

をクリック。

公開までの長い道のり

公開までの長い道のり

公開までは、

  1. APK
  2. ストアの掲載情報
  3. コンテンツのレーティング
  4. 価格と販売/配布地域
  5. アプリ内アイテム
  6. サービスとAPI

以上の6STEPです。

まずは、APKファイルを登録します。『製品版に最初のAPKファイルをアップロード』をクリック。

APKファイルを登録

APKファイルを登録

言語に日本語を選んで、タイトルは後から変更できるようです。

続いて、ストアの掲載情報です。ここで、アプリの説明文やスクリーンショット等を登録していきます。

アプリについての思いをぶつけます

アプリについての思いをぶつけます

説明文は言語を追加できるようです。明日、英語版を作る予定。

スクリーンショットにはコメントを書きます

スクリーンショットにはコメントを書きます

スクリーンショットには簡単なメッセージを書いたほうが良いそうです。

アプリのジャンルなど

アプリのジャンルなど

プライバシーポリシーは分からないので今回は送信しない。にチェック。

今日はここまでで時間切れになったので続きは明日にしまーす。

 


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です