我が家のアイドル。つむ一号、つむ二号

By | 2016年4月11日

入学シーズンも終わりましたね。

 

まだGW前の4月ですが、うちの子供たち、夏休みの自由研究始めましたよ。

 

と言ったら、驚きますか?

 

はぇぇぇー!!

 

ええ。早いです。

きっかけは、3月の3連休で、私の実家に帰った時の事。

 

実家の庭にあるものが大量に落ちてたんですよ。

 

何がって。

 

マイマイの殻。

 

マイマイ

日本語における名称としてはカタツムリの他に、デンデンムシ、マイマイ、蝸牛(かぎゅう)などがある。語源については諸説がある。

このマイマイ(カタツムリ)。冬は冬眠して過ごすんです。知ってました?

だから、3月のまだ寒い時期に拾った殻には、マイマイが冬眠してるわけ。

 

殻を3つ川崎に持って帰ってきたら、そのうち2匹が冬眠から目覚めたんです。

 

うぉ~、カタツムリ。生き返った~。

懐かしいなぁ~。

子供の頃はカタツムリで遊んだよなぁ。

 

で、このカタツムリ、折角なので飼育ケースを購入(カブトムシ飼うアクリルケースのやつね)して、飼ってみました。

 

「ねね、このカタツムリの観察日記をつければそのまま夏の自由研究になるんじゃないの?」

「いいねぇ」

 

妻の一言で、半ば強制的に自由研究のテーマが決まった坊主君。

 

「えっ、今から!?まだ4月だよ」

「準備は早いうちがいいよね」

 

息子よりも、妻のほうがノリノリ。

妻は昆虫は苦手なほうだと思うんですが、マイマイは平気っぽい。よくわからん。庭にナメクジが出ると嫌がってたけど、カタツムリもナメクジも同じようなもんだよな。

 

マイマイ

 

乙女心は複雑だー。

 

我が家にやってきた2匹のカタツムリの名前は、

 

つむ一号

つむ二号

(※岐阜県産)

 

です。

 

どう?なかなか可愛い名前でしょ。

 

観察日記、頑張れ息子よ!


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です