人工知能ブロガーは誕生するのか

By | 2016年6月8日

人工知能(AI)流行ってますなぁ

 

「人工知能」という名前は1956年にダートマス会議ジョン・マッカーシーにより命名された。現在では、記号処理を用いた知能の記述を主体とする情報処理や研究でのアプローチという意味あいでも使われている。日常語としての「人工知能」という呼び名は非常に曖昧なものになっており、多少気の利いた家庭用電気機械器具制御システムゲームソフト思考ルーチンなどがこう呼ばれることもある。

 

人工知能(AI)と聞いて、27年前に発売されたファミコンソフト「ドラクエIV」を連想した人は絶対にいるはずだ!!

 

Wikipedia 「ドラゴンクエストIV 導かれし者たちより」

AI戦闘は主人公を除く味方キャラクターたちは、指定された作戦に従い、AIによって自動的にコマンドを入力する。作戦は移動中・戦闘中問わずさくせんコマンドによって変更できる。主人公は従来どおり手動によるコマンド入力で、ターンの最初にまず全体のコマンド(たたかう・さくせん・いれかえ・にげる)が表示され、全体コマンドの入力後に主人公のコマンド(こうげき・じゅもん・どうぐ・ぼうぎょ)を指示するシステムとなった。

 

クリフト

AIによる学習機能があるFC版では、学習前は即死呪文を優先して唱えるという仕様があったため[13]初戦ではボスに対しても絶対効くことのないザキ系呪文を連発した。回復は、HPの残り少ないキャラを優先し、それ以外はパーティーの先頭のキャラから順番に回復するように設定されていた。リメイク版では、AIに学習機能が無くなったが、ザキを連発するキャラクターの印象と前述のアリーナに惚れているという設定が加味され、戦闘中AIを設定すると4分の1の確率でランダムにザキ系を唱える仕様になり[14]、回復はアリーナを最優先させるようにプログラムに手が加えられた[15]。尚、DS版以降はランダムザキは廃止された。

 

ボス戦でクリフト使えねーって毒づいたプレイヤーは多かったはず!!Wikipediaの解説を読むと、なるほど納得。

リメイク版になると、学習機能は無くなったが、AI自体は存在しているという。AIとはいえ、あらかじめプログラムされているとおりに動く(4分の1の確率でランダムにザキ系を唱える仕様)のは、AIというのか疑問。

学習機能も、結局、プログラムの処理流れを制御するためのフラグ情報(例えばこの呪文はこのモンスターには効く/効かない)を後から追加していくから、あたかも、行動が変わった(賢くなった)かのような感じがするだけなんだよな

今だから、「あぁ、なるほどね」と思うけど、あの当時は、「すげー、これが人工知能かぁ」って夢中になってドラクエしたわけだ

 

ドラクエで遊んだ世代ほど、今の人工知能ブームを、技術の発展を肌に感じながら受け入れられる人は居ないのかもしれない

 

このまま、人工知能が賢くなっていくと、AIブロガーなんかも誕生するのかもしれないね

 

24時間、いつでもネット経由で仕入れた情報から、それこそ休むことなく、延々と記事を書き続ける

もはや、本物の人工ブロガーは太刀打ちできるレベルにはない

プロアマ問わず、ブロガーのみなさんも次の収入源を探さないとヤバいですよ


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です