ランチパスポートなら飯には飽きないでしょという考えが甘かった

By | 2016年3月19日

ランチパスポートを買って大体一か月。

 

五反田と大崎エリアをメインに14店舗、いろんなジャンルのお店でランチを頂きました。

 

どのお店もイチオシメニューが540円という格安で食べれて、お得感満載な上に、ランチパスポートがスタンプブックみたいなものだから、全部のお店を回ってみたくなるんだよな。

 

パスポートの出入国スタンプって、コレクター心をくすぐられるじゃない??

 

あんな感じ。

 

お店によっては、ハンコじゃなくて、お店の人の手書きのサインだったり、チェック(レ)を入れるだけだったり、いろんなパターンがあるけど、日に日にスタンプが埋まっていくのは、見てて楽しいし、もっと集めたくなるわけ。

 

 

でも、今日の昼は違ったんだ。

 

いつものように12時ころ会社を出て、狙っていたお店に向かう。

 

その途中、繁華街でラーメンのお店をみた途端、

 

「ラーメン食いてーなー」

 

となっちゃった。

 

あんなに衝動的に、ラーメン屋に突入したのは後にも先にもこの一回だけだろうな。

 

気が付いたら、ラーメンすすってました。

 

(あれ?なんでラーメン食ってんだろう)

 

 

ランチパスポートなら、毎日、違うお店の色々なメニューがお得価格で食べられる!

というのは、嘘ではないし、実際に楽しいよ。

 

でも、行ったことが無いお店というのは、そのお店を知っている人が居ない限りは「美味しいのかどうかはある意味で賭け」なわけで、毎回毎回お店を変えてランチを食べるというのは、結構シンドイ。。。

 

料理の味でイケてないお店は無いんだけど、ランチどきなのに禁煙になってないというような味以外でマイナス評価のお店はあった。

 

で、今日は、とうとう、

 

「自分が食べたいものを食べる」

 

日になりました。

さっぱり、喜多方ラーメン

さっぱり、喜多方ラーメン

 

食べたいものを迷いなくがぶっと。

ストレスのないランチの秘訣はこれだね。

ぶらぶら歩いて、気になるお店にどーーん

ランチパスポートは、確かに「安い」。

でも、その安さがかえって、義務的にランパスのお店に足を向けることになってる気がする。

世の中のラサリーマンはお小遣いに困ってるわけだ。

ワンコイン(消費税入れて540円)で食べれるお店をいうのは、貴重なんだけど、味よりも安さが先に来てしまって、

たいして美味しくもないけど、540円なんだし、我慢するようなこと、してないよな??

 

月に2回くらい、隔週で一回ずつ、ノー・ランチパスポートデーを作ろうと思う。

 


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です