【ランパス(五反田)】 TOKYO BURRITO オリジナルタコライスを食べたよ

By | 2016年3月23日

タコライスって沖縄料理だったんですか。

 

いや、お恥ずかしい。

 

てっきり海外の料理なんだとばかり。。

 

東南アジア系かなーって。

Wikipediaによると、

1984年沖縄県金武町で誕生。同県内では1990年代から学校給食に採用されるなど非常に一般的な料理となっている。

皿に盛った米飯の上にタコミート(挽き肉玉ねぎや調味料・スパイス等を加えて調理したもの)、千切りのチーズレタストマトなどを順に載せ、トマトベースの赤いサルサをかけて食べるスタイルが一般的であるが、オリジナルのタコライスは米飯とタコミートのみであり、発祥の店では今でもチーズや野菜などのトッピングは別料金となる。チキンライス&タコミートの組み合わせもある。食べ方の感覚としてはそぼろご飯やドライカレーに近い。

なんだって。

 

タコミート??

 

挽き肉に玉ねぎや調味料・スパイス等を加えて調理したものって、ハンバーグじゃないの?

 

タコミートのタコは、タコスが元だそう。タコライス (taco-rice) は「タコスの具を乗せた飯」という意味だんだって。

タコスはメキシコ料理だから、沖縄で発明されたメキシコ料理を基にした料理なんだな。

今日、訪れたのは、五反田駅近くの「TOKYO BURRITO(東京ブリトー)」さん。

五反田駅からはそれほど距離はないけど、お店の通りが分かりにくいから、スマホのGPSを駆使していってみて。

 

12時ころお店に到着

 

 

「お店開いてます??」

「いらっしゃい。やってますよ」

 

一番乗りでした。

 

12時なのに、誰も客が居ないというのは初めてだったので、立地の悪さもあるのかな、と思いつつ、少し心配になっちゃって。

 

「ランチパスポート使えますか?」

「使えますよ」

 

お店は広くはないけど、キレイで整っている感じ。カウンターには、おしぼりがズラーと並べてあって、客を待ちかまえてる模様。

 

流行ってなければ、こんな準備しないよね。

 

タコライスは沖縄料理

タコライスは沖縄料理

 

カウンターで一人暴走していると、タコライス到着

 

うんまーい!

 

タコスに使うサルサソースなのかな、ライスやレタスにピッタリ。さっぱり食べれちゃう。

 

タコミートもあっさりした料理にボリューム感と肉の旨味を出してる。

 

タコミート&ライスとサラダ&ライスを交代交代で食べると一層美味しい。

 

ペロリと食べちゃいました。

 

(もう一皿でも軽く行けるな)

 

どれも美味そう

どれも美味そう

お店の名前にもついているように、ブリトーやタコスも食べれちゃいます。

 

次来たときはビーフのタコス食べよ。

 

タコライスは、ランチパスポート持参で

972円が540円!


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です