【ランパス(五反田)】みしょーれ奄美 沖縄の味!ゴーヤチャンプルーセット

By | 2016年2月19日

いや~。失敗しちゃいました。

何がって?

お店を間違えて入っちゃいました。

本場のゴーヤチャンプルーを食べたいと思って、ランパスのお店に入ったつもりが、実は違うお店だったという話。

「いらっしゃいませ~」

 

(ん?あんまり沖縄っぽくないな)

(メニューも普通の定食!?)

 

「すみません。ランパス使えますか?」

「えっ?」

「えっ?」

 

…。

 

「ランパス…。」

「うちはやってませんよ。どこへ行こうとしてます?」

「あっ、みしょーれ奄美ですけど」

「あー、みしょーれさんは2Fですよ」

 

なんですとー。

 

「ここは。仲丸

「間違えました。ごめんなさい」

 

というわけで、「みしょーれ奄美」さんはここ!!

五反田駅から、歩いて10分くらいの距離です。

1Fじゃなくて2Fですよ。1Fは「串揚げ酒場 仲丸」さんで、2Fが「みしょーれ奄美」さんです。

 

恥ずかしい失敗しないためにも、ランパスはよく読んでね。

ビルテナントのお店は分かりにくいのだ。

みしょーれ奄美

みしょーれ奄美

この日は忘れずにお店の写真を撮りましたよー。

入り口の横にかかっているメニューが楽しそうでしょうがない。

  • 足ティビチの煮込み
  • 沖縄アグー豚のマース焼き
  • おにポー
  • ポチギ炒め

ティピチって?マース??

おにポーとか。何が出てくるの?

(答えは一番下にあります)

 

入り口くぐってすぐ気が付いたのは、「禁煙じゃない」のねここ

うーむ。たばこを吸わない人にはキツイ。折角のランチなのに、たばこのにおいに囲まれるのは残念で仕方ない。

 

本場のゴーヤチャンプルー

本場のゴーヤチャンプルー

でも、ゴーヤチャンプルーは美味しかった!!

このチャンプルーの味付けは何だろう。今までに味わったことがない初体験の味付け。ゴーヤチャンプルーを自宅以外で食べたことがななかった。自宅は普通の調味料で味付けするから、いつも中華っぽい感じで、でもこういうものなのかと勝手に思い込んでた。

「うまーい」

「ゴーヤの苦みと相まって3倍旨い!」

このチャンプルーの味付けがきっと本場沖縄の味なんだろうね。

そーきそばのあっさり感が、ゴーヤの苦みと合う。これはピッタリだ!

ゴーヤの苦みをリセットして、また食べたくなる。

 

「ゴーヤ」→「ごはん一口」→「ゴーヤ」→「そーきそば」、という感じで、「ゴーヤ」中心に回すとごはんが進む進む。

オススメです。

 

「みしょーれ奄美」さんは、Edyが使えますよ。

 

追記:

ティビチは「豚足」

マースは「塩」

ポーは「ポーク」

ポチギは「ソーセージ」

のことらしい

 

 


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です