年齢制限なし!!暗殺教室って読めば読むほど面白い!!

By | 2016年4月13日

ヌルフフフ…

 

嵐の二宮くんが殺せんせー役(声優)で出てる「暗殺教室~卒業編~」が上映されましたね。

 

子供たちが「映画観たい~」とせがんできたんですが、「この映画は年齢制限があるから見れないんだよ」と言っていたんです。

自分は、てっきり「リアル鬼ごっこ」とか「バトルロワイヤル」のような、暴力満載、猟奇的、むちゃくちゃ血なまぐさい映画なのかなと勝手に思ってました。

 

だって、「暗殺教室」じゃないですか。原作知らなければ警戒して当然のタイトルですよ。

 

まぁ、今思えば、中身(ストーリー)は全く知らないのに、勝手に危ない映画だ。なんて、思い込みも甚だしい

 

 

で、この前漫画を借りようと思ってTSUTAYAにいったとき、

 

「七つの大罪」

 

を6冊選んだあと、残りの4冊は

 

「暗殺教室」

 

をレンタルしてみたんです。

 

なっ、なにこれ、むちゃくちゃ面白い。

 

2回目のレンタルのときは、10冊全部「暗殺教室」を借りて、4時間で10冊読んじゃいました。

 

気にしていたような猟奇的なシーンは無いですし、誰も死なないですし、殴る蹴るの暴力表現なら、「ドラゴンボール」とか「ワンピース」のほうがよっぽど酷いです。

 

先生にだけダメージのあるBB弾って。そんな設定あり?

 

ナイフも曲がっちゃうって、超安全設計!

 

「こんな先生が居たら面白いだろうな」なんて、あり得ないんですが、そんな希望を持ってしまうようなストーリー。

 

落ちこぼれ学級の生徒(中学生)が、タコのような軟体動物の殺せんせーのもと、暗殺のスキルを身に付けながら、和気あいあいと学校生活を楽しむ。

 

これだけで、イメージできる?

 

暗殺のスキルを身に付けながら??

 

どんなシチュエーションなんだって、気になるよね。ねっ。

 

ちょっとでも気になったあなたは、TSUTAYAへGo!

 

自分も子供たちと一緒に映画観に行くことにします。

 

その前に、まずは、前作のDVDをレンタルせねばっ。


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です