お節介な人の心理って理解できません

By | 2016年5月3日

Noteからの転載です。

—————————————-

職場が変わって周りの人間も変わると、気疲れする場面が増えますね。アドラーも「すべての悩みは対人関係によるもの」と言ってるとおりだと思います。

今の職場は、とにかくお節介なリーダーさんが多すぎて気を配らないといけない場面が多いということですね。

目標やスケジュールの確認にとどまらず、その人の5W1Hを報告させるのではなくて、いちいち聞きに行くんだ。

現場からすると、Howくらいは自由にやらせてほしい。と思うんだけど、その自由すら与えられない人も居たりして。

よく言えば、「面倒見がいい」「世話好き」、でも、度を越して「お節介」になってる。

ほっとけばいいのに。

部下自身の問題を自分の問題のように感じて、あれこれ世話をするのは「いい人」ではあるけど会社では要らない人なんだよな。それはいくら頑張ったところで、その人が本来やるべきアウトプットにはならないから。評価されないということに気が付いてないのか。

ほっとけないのか、もしくは、部下が失敗すると自分の経歴に傷がつくとでも思ってるのかな。

もうちょっとドライでいいと思うんだけどな。

嗚呼、、、対人関係って難しいな。。

ギスギスしない職場を作る方法を発明したらそれだけでビジネスになりそうだな。

—————————————-

 

Noteはこちら


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です