業務の枠を取っ払え!!社外セミナーは有給をとって参加するのがおススメ

By | 2016年2月8日

行ってきました。マイクロソフト主催の無料セミナー。

今、流行りの機械学習ですよ。

イベント名: クラウドを活用した機械学習の実践 ~ 静的なデータの活用から動的なデータの動的活用へ ~【セミナーID#1032712778】

開催場所: 大手町テクノロジーセンターセミナールーム

住所: 千代田区大手町1-1-3大手センタービル 1F

マイクロソフトが提供するクラウドサービス上で使える機械学習のセミナーです。機械学習の概念から始まって、Azureの開発プラットフォームの説明、最後に実際にAzure上で機械学習のアプリケーションの開発を実演してくれる形で進みました。

 

 

大丈夫かな、と思ってたんだけど、予備知識ほとんどなしで行ったら見事に玉砕。

 

自分はハード屋さんだから、NVIDIAとかのパソコンのグラフィックボードを作るメーカーが機械学習をハードウェアで実現する技術を開発していることは知ってたんですよ(これは勿論、一般的に公開している範囲の話。ね。)

マイクロソフトも、ソフトウェアの会社だけど、きっと概念は同じようなものなんだろうなー。

と思っていたら、甘過ぎた。

 

テキストの冒頭から、いろんなサービスやライブラリの名前がずらーっと並んでて、

こりゃ、分からん。

いや、セミナーのテキストが分かりにくいんだ!初心者には全然優しくない。

と半分開き直って聞いてました。

 

技術的なことを書いても、面白くもなんともないので書きませんが、機械学習に興味のある人は、自分で調べてね。一応、Wikipediaのリンクを貼っときます。

機械学習(wikipedia)

というよりも、書きたくても書けないというのが正解か。すべてAzure上のサービスなので、Webブラウザ使って、Azureにログインした状態じゃないと、この機械学習のプラットフォームも使えないのよ。

自分はこのブログをAzureで運用しているから、そのアカウントを使って参加です。

プライベートのAzureアカウントで参加してたのは自分くらいじゃないか? だから、スクリーンショットを貼るのも勘弁してください。

 

んで、このセミナーは先週金曜日(2/5)の平日開催だったんだけど、自分は会社の有給をもらって参加しました。ハード屋さんだから、Microsoftのセミナーを業務として参加するのも抵抗があったし、何よりも、わざわざ有給をとって参加する というところにも意味があったと思ってる。

何でかって?

有給とったら、「ゆっくりしたい」、とか、「少し羽を伸ばして遊びに行きたい」というのが普通の感覚かなと思うけど、あえて有給をとってまで社外セミナーに参加することができるのか?

自分を試してみた部分もあるんだ。

 

自分の時間と考えると、無駄にしないぞ!と思うし、セミナーは東京の大手町で午後から開始だったんだけど、久しぶりの大手町だから、やっぱりセミナーの前には皇居に寄ってみたりしたくなるじゃない?

 

業務でこういったセミナーに行くと、時間の使い方に対して、自由な発想ってできなくなると思う。義務で必要だから受けます。みたいな感じになって、開始時間ぎりぎりに行って、終わったら帰る。感じね。

でも、これじゃあ全く楽しくない。

セミナーの内容はほとんど記憶してないけど、金曜日の昼の東京駅のレンガの色とか、皇居のお堀で遊んでるカルガモ?の様子だとか、桔梗門の城壁の白さだとかは鮮明に思い出せる。

東京駅

東京駅

皇居桔梗門

皇居桔梗門

セミナーに参加して得るものが少なかったとしても、自分の時間を使ってセミナー以外に得られるものがあったら、それで十分。

業務という枠を取っ払うと、行動の仕方が変わるね。


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です