スリーリージョンブレンドはジョンさんが作ったんじゃないのか

By | 2016年3月27日

「ご注文は決まりましたか」

「ホットコーヒーのTallで」

「本日はエチオピアとスリーリージョンブレンドをご用意しております」

(知らんがな。。)

「あっ、えーっと、軽いほうで」

「それでしたらスリーリージョンブレンドがおすすめですよ」

「じゃぁ、スリーリー・ジョン・ブレンドでお願いします」

 

「?」

 

「えっ?」

 

「はい。スリー・リージョン・ブレンドですね」

「そちらのカウンター前でお待ちください」

なんすかー、このビミョウなやりとり。

 

スリーリー ジョン じゃないの?

 

こんな響きのコーヒー豆ありそうなんだけど。ブラジルかどっかのJohnさんが作ったんだよね?

 

正直、スリーリージョンブレンドって書かれてて、どこで切るのかわかる?

 

3 REGION BLEND

3 REGION BLEND

 

3 REGION BLEND(スリーリージョンブレンド)

 

って書いてくれれば一発で分かるんだけどな。

 

コーヒー豆の名前ってそんなに知られてるものか?

スリーリージョンブレンドって、スタバオリジナルっぽいから、いくらコーヒー豆通でも知らないよね。ねっ?

 

自分みたいな、コーヒーは良く飲むけど豆の銘柄までは知りませんって人は圧倒的に多いと思うんだ。

 

上からな感じで「スリーリージョンブレンド」って言われても困るがな。。

 

あっ、でも、スタバの店員さんが全員そうだってことはないよ。

 

丁寧な店員さんは、

 

「軽めな xxx と、少しダーク(苦い)な yyy のどちらにしますか?」

 

って教えてくれる人も居るよ。

 

コーヒー豆の勉強に店員(のお姉さん)とおしゃべりできる

 

のは、スタバならではの楽しみ方の一つ!

 

入って間もない新人(のアルバイト)さんには厳しいから店員さんをよく観察して話しようね。


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です