TVer(ティーバ)がますます混迷を深めている件

By | 2016年5月25日

TVer(ティーバ)の迷走感がすごい

 

前回、専用アプリによるコンテンツの分散について記事にしたけど、テレビ朝日にいたってはサイバーエージェントと組んでAbemaTVを開局する始末

AbemaTV(アベマティーヴィー)は、サイバーエージェントテレビ朝日が合弁で設立したインターネットテレビ局の名称。および同サービスの運営会社、株式会社AbemaTVである。

「見逃し配信サービス」と「専用のインターネットテレビ局」は違う

 

って突っ込む人、何が違うの?

 

 

AbemaTVはVOD(Video On Demand)サービスではないし、You tubeのようなサービスでもなくて、普通の民放の放送をそのままネットで「放送」してますってカタチのサービスです

 

普通にチャンネルごとの番組表もあるし

 

だから、しまったぁぁぁぁ、見逃した~ってありうるんですが、

 

AbemaTVはTVerには対応していないんですよ

 

なぜ???

 

 

今のTVerは各局がお見合い状態で、イニシアチブをとった局がいないから、ここで一発、

 

テレビ東京が、すべての番組をTVerの見逃し配信に対応します!!

 

って宣言しようものなら、TVerは一気にテレビ東京祭りになるわけだ

 

そんなことしたら、リアルタイムでTVを観てくれる人が居なくなるじゃないかっ!!

 

って、そりゃそうだよ。生放送がほとんど廃れた今、リアルタイムでTVを観る価値を見出せない

TVをリアルタイムで観たところで、そのコンテンツ自体は収録されたもの(=新鮮じゃない)ということが頭でわかっている

 

それは日ごろネットで情報収集している人はとっくに分かっているハズ

 

一番いい例が新聞で、新聞の朝刊に載る情報というのが「古い」って感じること、あるよね

 

深夜の海外サッカーの日本代表の試合とか、

 

「前半1-0でリード」

 

とか、とっくに試合は終わってて、結果はネットに出ているのに、その日の朝刊を読んでも試合の結果は載っていないという

 

自分は予知夢でも見たのか?的な

 

新聞は情報の最先端をキャッチアップできるメディアではない。ということに皆が気が付いてる

 

 

TVも同じで無意識に「番組の鮮度」を感じながら観てるわけ

 

8時だよ全員集合くらいのワクワク感を感じさせる、「生放送」でリアルタイムでTVに噛り付いて観る価値ありって思えるような番組があればみると思うし、野球とかサッカーはリアルタイムで観ないと面白くない。っていう人も同じ感覚(鮮度を感じる)なんじゃないかな

 

視聴者は、番組を見逃したからTVerでお目当ての番組を観るのではなくて、コンテンツの鮮度が残っている番組を観たいんだな(内容が面白いというのは言うまでもなく)と思うわけ。で、放送局からすると、「番組の鮮度」を少しでも保ちながらゆっくりと低下させるための仕掛けがTVerであるというのが自論です

 

TVerを本当にプラットフォームとして流行らせたいなら、配信期間をもっと短くしてその分チャンネルを増やした方がいいと思うけど、

この半年の動きをみてると、流行らせるつもりはないというのが分かりました

 

こちらの記事もどうぞ

TVerがますます残念な感じになっている件

TVer(ティーバ)がいまいち盛り上がらない件

 


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です