Azureのデータセンターが東アジアだった!って東アジアってどこ??

By | 2016年6月21日

今更ながら、このブログを運用しているMicrosoft Azureが東アジアのサーバーでした。

東アジア

東アジア

東アジアって広いな!!

具体的にはどこなんだろう。

Googleでポチポチ調べてみると、どうやらアジア圏のAzureデータセンターの所在地はこんな感じなんだそうだ。

  • 東アジア(香港)
  • 東南アジア(シンガポール)
  • 東日本(東京、埼玉)
  • 西日本(大阪)

まじか。。東アジアは香港にデータセンターがあるのか。

 

香港といっても、あそこは中国ですよ。「チャイナリスク」という言葉が浮かんできました。

 

Googleも締め出されるくらいだから、Microsoftと言えども安泰ではないだろう。

 

突然、データセンター廃止とか、そうならないことを祈っている。

 

下手な記事を書くと、サーバーへの通信を遮断させられるんだろうか。

 

ちょっと心配になってきました。

 

日本国内もあるけど、地震のときのことを考えると、シンガポールのデータセンターが一番リスクが低いのかな。スマトラ沖の地震揺れるぐらいで、シンガポールはプレート境界から離れていて大きな地震が起きにくいのだそうだ。

 

香港は政治的なリスクが高そうだから、本気でデータセンターの引っ越しを考えようかな。


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です