【防災】 いざというときのLEDランタンを買ったよ

By | 2016年5月2日

熊本の地震をみて「明日は我が身」なんだと思います。東日本大震災から5年経ったわけだけど、防災の意識は段々と薄れてしまっていたし、首都圏で大地震が発生するのはもはや時間の問題だと思います。

私は性格が楽天家なので、なんとかなるよねって考えてしまうんですが、熊本の様子を見ていると、何ともならないという状況が伝わってきます。自宅が倒壊してしまったら、住むところがなくなってしまったらと考えると、少しでも災害へ備えておくことが大切なんだと思います。

防災グッズの総点検をしていて、カッパ(雨具)や食料、ランタンといったモノが不足していることが分かりました。

水に至っては消費期限切れでした。防災の意識が無くなってしまっていたということを表してますね。

 

東日本大震災の時に学んだこと

うちでは、家族の人数分のリュックサックに防災グッズを詰めて置いてあります。

災害は夜に発生することもあるので、リュックを背負って、暗い中を避難することもあるでしょう。

実際に東日本大震災のときは、震災直後から暫く停電してましたね。

懐中電灯は指向性が強い(当たり前ですが)ので、暗い中を移動しないとならないというときは、向かう先を照らして使えばいいのでピッタリなのですが、家の中で過ごすのには懐中電灯って使いにくくて大変でしたよね。

 

で、妻のリサーチの結果、これを機に、

 

「ランタンを買おう!」

 

と決心。我が家はインドア派なので、ランタンの善し悪しとかよくわからないので、色々調べた結果、これが使いやすそうということでチョイス。

 

コールマン(coleman)のランタンです。コールマンって、アウトドア用品の最大手なんですね。知らずに買ってました(苦笑)

 

コールマン ランタン CPX6 クアッドLEDランタン 2000013183

新品価格
¥9,698から
(2016/5/2 16:28時点)

値段はちょっと高いです。その分、使い勝手は良くいい買い物をしたと思ってます。

 

簡単にスペックを書いておきます。

  • 単一乾電池 x 4本使用(電池ホルダーは本体底面に収納)
  • 連続点灯時間 27(High)~112h(Low)
  • 2段階で明るさを選べます
  • ACアダプタも使えます
  • サイズ:Φ17 x 30(h) cm
  • 重量:約1.6 kg

 

ACアダプタにも対応しているのは、意外に使い道があるかも。熊本で車中泊の様子が報道されていますが、車の電源からACアダプタで電源を供給してあげれば使えますね。

 

colemanのLEDランタンが届いた

colemanのLEDランタンが届いた

写真では重そうに見えますが、それほどでもないです。

本体は意外に軽い

本体は意外に軽い

このランタン、我が家はここをとても気に入って買ったんですが、4つの携帯用ランタンに分解して使えます

これ便利ですよ。

夜非難するときは、4人家族で一人一台、子機を腰にぶら下げて移動です。懐中電灯で行く先を照らしながら移動することを想定してます。

簡単に取り外せる

簡単に取り外せる

LEDの上部についているPUSHボタンを押しながら手前に倒すと、簡単に取り外せます。

取り外したところ

取り外したところ

取り外すと上の写真のような感じです。子機?の裏にもボタンが付いていて、子機単体で電源のOn/Offが出来る仕組みです。

この子機はさらに軽くて、子供でも余裕です。

3台の子機と一緒に点灯

3台の子機と一緒に点灯

子機と本体の電源を入れてみます。

明るさは2段階、強い(High)、弱い(Low)で選べます。連続点灯時間 が大きく変わってくる(27(High)~112h(Low))ので、必要なときはHighで使って、普通の明かりのときはLowで使う等の工夫は必要そうです。

本体に統合した状態

本体に統合した状態

明るさを伝えるのは難しいですね。アウトドア用品大手のコールマン製のランタンなので、そのあたりは全く問題ないと考えて大丈夫です。

出来ることなら、このランタンを使うような場面がやってこない(キャンプなら良いです)ことを祈っています。


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です