Category Archives: 書評

【書評】 誰がテレビを殺すのか

2016年6月20日

殺すなんて穏やかじゃないタイトルだけど、テレビを殺すとか殺さないとかははっきりいってどうでもよくて、必要ないならテレビは無くなればいいというのが持論。この本は、「フジテレビの凋落」にスポットを当てて、その原因を様々な角度から分析しています。
その中に、思わず納得の件があったので紹介します。

【書評】 仕事に効く教養としての「世界史」

2016年5月6日

歴史=暗記だから嫌いという人多いんじゃないかなぁ
自分も中学時代、日本の歴史は苦手だった
高校では、世界史/日本史/地理の3つから選択できて(世界史も必修ではなかった)、躊躇なく地理を選択したし、
世界史も日本史も、「暗記」の教科という先入観が強くて、記憶力には全く自信のない自分はそもそも地理を選ぶしかなかった

【書評】 コンセプトのつくり方

2016年3月21日

本屋でウロウロしているときに手を伸ばした本。(いつもウロウロしてるわけじゃなくてたまーに)
ハードカバーだ。(パラパラ)おっ、薄くて読みやすそう。著者にはむちゃくちゃ失礼なんだけど、本の中身は濃かった!!

【書評】 ブログ飯

2016年3月12日

ブログ始めたことに書いた投稿を見ると、恥ずかしすぎて消えてしまいたいくらい。ここに一年前の、超恥ずらかしー投稿を晒してやる!!覚悟して読んで見てのー。

【書評】佐藤ナオキのスピード仕事術

2016年2月24日

負けてられん。佐藤ナオキ氏、同級生かー。誕生日も1ヶ月も違わない。佐藤氏の書いた「スピード仕事術」思わず唸ってしまった。「スピードを意識する」って、言葉にするのは楽だけど、実際に意識して仕事するのはそうそう簡単にはできないよ。みんなは出来る?

【書評】フェルドマン博士の日本経済最新講義

2016年2月6日

テレ東のワールドビジネスサテライトにちょくちょくコメンテーターに出てくるフェルドマン博士。この人のコメントっていつも分かりやすいなー。アメリカ生まれなんだそうだけど、日本語もなかなか達者だし。昨年の12月にフェルドマン博士の本が出てました。日本経済教えてください!