ランチパスポート五反田・大崎のお店をジャンル別に分けてみた

By | 2016年3月4日

ランチパスポート五反田・目黒・大崎に掲載されているお店をジャンル別に分けてみたよ。

(目黒は除く)

 

ジャンル 店舗数 平均単価 行ったお店

和食    8    810    2

カレー   7    828    5

パスタ   3    793    1

中華料理 5    778    2

韓国料理 3    883    3

他      4   933     0

 

安定のカレー。カレーはどのお店も外れがない。

五反田・大崎にあるカレー屋は、ジャンルが豊富だ。

  • マレーシア
  • インド
  • タイ
  • ネパール
  • 日本

タイは今日(3/3)行ってみた。タイのカレーって辛いというイメージだったけど、ここのカレーはどちらかと言えば甘いカレーだったな。これが本場の味なのかは不明。お店はタイやベトナム料理を出している店ということなんだけどね。

敢えて順位をつけるなら、

  1. インド’(ナン最強!)
  2. マレーシア(辛さが丁度いい)
  3. 日本(安定の味)
  4. ネパール(結構辛い)
  5. タイ(意外な甘さ)

こんな感じだ。

 

五反田・大崎、全30店舗中、和食はたったの8店舗。

和食好きだからもっと頑張ってくれー。増やしてくれればもっと積極的に行くよ!!

 

中華料理のお店は、メニューの単価が安いんだよね。割引率を極力抑えて、集客効果をだけ狙いたいということなんだろう。商売上手いね。

韓国料理のお店は単価が高いメニューをくり出してる。韓国行くと、食事は食べきらないように注意される。食べきっちゃうと、お店側は客をもてなし切れてないと思うんだそうだ。だから、十分食べたなら、残せ。ということ。韓国料理のお店は単価が高い料理が多いぞ。

まぁ、ここは日本、残すのはみっともないから、全部残さず食べよう!

 

そろそろ単価の高い、その他のジャンルを攻めようかな。


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です