【ランパス(大崎)】池上線ガード下物語 スンドゥプチゲ定食を食べたよ

By | 2016年2月10日

ランチパスポートGetォォォォ!

五反田・目黒・大崎は創刊号Vol. 1ですよ。

なかなかお洒落じゃないですか。パスポートだけあって、「日本国」なんて書かれてるし。

 

ランチパスポート

ランチパスポート 五反田・目黒・大崎 出たよ!!

買ったのは昨日の朝だったのだけど、昨日の昼は時間がなくてコンビニおにぎりだったんだよね。。

めちゃくちゃ張り切ってたんだけど、午後一から大切な会議?が入ってて無理ですた。

満を持して、今日のお昼、ランチパスポート片手に大崎の街へ繰り出したというわけ。

 

 

今日やってきたのは、大崎駅から徒歩5分のところにある

 

「池上線ガード下物語」

 

なんか名前が怪しい。

と思うのは私だけじゃないはず。

 

お店の名前はともかく、安心してください、普通のお店ですよ。

店の写真を撮り忘れたので、ランパスの写真で我慢してね。

お店の写真

お店の写真(スタンプが押してある!)

JR大崎駅の南改札口を出て通路を右方向へ。正面にビルが見えたら、左へ曲がってペストリアンデッキをそのまま直進です。右手にSONYのビルを見ながらまっすぐ進むと、大崎ウィズシティのビルに突き当たります。右手から回り込むように進むと「池上線ガード下物語」に着きます。

ちょっと店の場所が分かりにくいので、Google mapを載せておきます。

昼の12:15頃にお店に到着。

人気のお店なので「混むよー」と聞いてましたが、運よく並ばずに案内されました。ラッキー!!

 

「ランチパスポート使えますか?」

「いえ、そのようなサービスはしておりませんが」

 

おいおい。お店の入り口に、ランパスのチラシ貼ってあるじゃん!!

 

「えっ?」

「あっ?あの本のやつですか?」

「そうです」

「それなら使えますよ。メニューはスンドゥプチゲになりますがよろしいですか?」

「はい」

「ご注文はスンドゥプチゲになりますがよろしいですね?」

「ええ」

 

何故だー。どうして2回も確認する?気になるではないですかー。

店員さんは片言の日本語だったので、おそらくバイトの外国の方と思われ。ランパスが始まってまだ二日目だから、慣れてないだけなのかな。ランパスは使えるメニューが決まっているから、聞き直す必要はないはずなんだけどね。

スンドゥプチゲ

スンドゥプチゲ定食到着

スンドゥプチゲ定食は、メインのスンドゥプチゲ、ごはん、サラダ、韓国海苔のセット。韓国料理らしく、箸はステンレス製のやつね。普通のステンレスの箸よりも随分軽くて食べやすかったです。

あと、そうそう、カクテキ(大根のキムチ)は食べ放題でした。

 

肝心のスンドゥプチゲは、丁度いい辛さ。干しエビやアサリ、エビがたくさん入ってダシが効いてて美味しかったです。サラダの箸休めは付け合わせにピッタリでした。辛いものにご飯は鉄板ですね。スンドゥプチゲのスープの飲み飲みご飯がまたすすみます。

このお店の座席は大きな収納になってて、多少の荷物はすべて座席の中にしまえちゃえますよ。みなさん結構ワイワイ話してて楽しい雰囲気でした。買い物帰り、ランチに寄ってもよし、会社帰りに軽く一杯やるもよし(夜メニューはお酒があります)、オススメです。

最後、お会計のときに、ファースト・スタンプをGetしました。

 

追伸:

ランパスの外国語版を出しても面白いんじゃないかな。安いランチは日本に来る外国人旅行客にめちゃくちゃウケそう。


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です