【ランパス(五反田)】 顧の店(コノミセ)  二日連続の麻辣刀削麺をペロリ

By | 2016年3月8日

麺類(ラーメン&パスタ)が好きすぎてどうしようもないです。

 

二日連続で、刀削麺を頂きました。

 

刀削麺はきしめんをぶつ切りにした感じなんだけど、幅広の麺だからあまりスープと絡まない。辛めのスープにはピッタリだ。

前回の刀削麺荘も顧の店も麻辣刀削麺で売り出してるのも納得。

 

ランチパスポート11店舗目、「顧の店(コノミセ)」はここ。

五反田駅改札を出て、左手。桜田通りを高輪台方面へ登る途中にある。毎度のごとく、顧の店もビルテナントで2Fなので入り口が分かりにくい。地図を見ながら探し当ててみて。

刀削麺は、その字のとおりで、包丁で削ぐようにして作るから、麺の長さも太さもバラバラ。

日本人の感覚からすると、麺の長さや太さは均一で、と思うじゃない?

でも、刀削麺は違う。一本一本が、「我を食せよ!」 と主張してくるんだ。

 

 

たまたま二日連続で刀削麺のお店なので比較しちゃおう。

 

麺:刀削麺荘のほうが適度な太さで食べやすい。顧の店は少し硬かった(太くて茹であがってない(芯がある)感じ)

スープ:顧の店のほうが辛い。刀削麺荘は辛味というよりも酸味が強い。辛いのが好きな人は顧の店のほうがいい。

 

顧の店の麻辣刀削麺

顧の店の麻辣刀削麺

もやしのさっぱり感が、辛いスープの口直しにもなって丁度いい。

それでも、結構辛いので、自分のペースで食べるのがいいと思う。

相席で同じ麻辣刀削麺を頼んだおばちゃん(おばあちゃん!?)は途中でギブアップしたようで、随分と残してたな。

もったいない。。

 

お店の雰囲気は落ち着いていて、うるさくもないから、女性のお一人様でも行ける。

ランチ時だったけど、激混みという感じもなかったな。

入り口の階段を登るときに少しためらうかもしれないけど、「エイやっ」で入ってしまえば普通のお店です。

 

これで 700円が540円。

ランチパスポートは、昼は11:00-12:00の限定一時間しか使えないから注意!


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です