マレーシア訪問記~最終回~

By | 2015年7月6日

マレーシア訪問記最終回です。

昨日、一気に仕事が進捗したこともあって、最終日はとても清々しい朝を迎えることが出来ました。ただ、前日の夜、アロー通りで食べたニンニクモリモリ入りスープのせいでニンニク臭は抜けてませんでしたが。

最終日なので、ホテルのチェックアウトを済ませて職場へ向かいます。シャトルバス(普通の観光バス)のエンジンが途中から調子悪くなり、1速(Loギア)で物凄い音を立てて唸りながら走り続けるという状況に。他の皆さんは慣れていらっしゃるのか、普通に眠ったりしてますが、私はヒヤヒヤして仕方がなかったです。とてものんびり眠ってられない!一番後ろの席に座っていたのでなおさらです。いつ爆発炎上しても逃げられるように心の準備だけしてました。会社の人がいうには、これもマレーシアクオリティーなのだそうで。

シャトルバスは、結局、途中で代わりのバスが来て乗り換えることに。30分ほど遅れて会社には到着しました。爆発したりしなくてよかったと本気でほっとしてました。他の方に聞いてみましたが、こんなトラブルは初めてのようで。ある意味で貴重な経験だったのかも。

最終日なので、お世話になった方々へ挨拶して、もう気持ち半分会社に居ないんですよね。そわそわしている感じです。前日の夜は一人で祝杯だったので、今夜はこちらマレーシア駐在の方々とご一緒に食事に行く約束をしていて、朝会社についたときから、夜、連れていってもらえるお店はどんなところなんだろう。って考えてました。

マレーシアから日本へ向かう直通便は夜の便しかなく、今回、私の帰りの便は22:50分にクアラルンプールを出発するJAL便でした。21:30頃には空港に着ければいいね。ということで、20:30頃まで食事行こうということになり、地元のレストラン(スパイシー)に連れていってもらいました。多分、19:30頃にお店に着いたと思うのですが、着いた時に撮った写真です。マレーシアは赤道に近いので日没も遅く、夜まで行かない夕方位の明るさです。写真も普通に撮れました。

地元のレストランスパイシー

地元のレストランスパイシー

お店の名前(スパイシー)からして辛そうですよね。

ええ。辛かったです。

店の名前とはいえ、どうして、どれもこれも、こんなに辛くするのか…。

写真の左側に写っているように、オープンテラス?のような感じで机が並べてあって、注文して食べるスタイルです。

注文したのはイカとナスといろいろな野菜を炒めたものをご飯にかけて食べる料理です。カレーではないのだけど、炒めものがとにかく半端ではない辛さなので、ご飯がないと食べられません。写真では分かりにくいのですが、この炒めものの中には唐辛子がゴロゴロ入ってました。炒めてあるのと調味料のせいで、赤身が抜けて黒くなっているんですよね。気が付かないでバクバク食べていたら、大変なことになりました。私は途中から唐辛子を全部避けて食べました。

ごはんにかけて食べるスタイル

ごはんにかけて食べるスタイル

豚肉入りスープ

豚肉入りスープ

味は美味しいです!少し味噌味風でごはんにピッタリでした。写真にもありますが、日本の茶碗のような底が深い器ではなくて、平たい感じのお茶碗なので、もともとごはんもそれほど盛られてません。3口4口食べると、すぐにごはんが無くなってしまう量です。おかずだけでは辛すぎて食べられないので、この後フライトが控えているのも気にせずに、ごはんをおかわりして頂きました。

20:30頃、お腹もいっぱいになったところでお店を出て、空港に向かいました。途中、高速道路のICを通り過ぎてしまい、30分ほど時間をロスしてかなり焦りましたが、22時にはなんとか到着して、無事に飛行機に間に合いました。

このロスタイムのせいでお土産を買う時間がなくなってしまい、手ぶらで帰る羽目に。。本当は Beryl’s というマレーシアの有名なチョコレートをお土産に買って帰りたかったんですよね。

今度来るときは、土日を挟んで、ペトロナスツインタワーも見てみたい。Beryl’sも買って帰りたいです。

ではでは。


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です