人間ドックの検査結果で肝機能の数値が劇的に改善してた件

By | 2015年3月28日

今週の月曜日は2年に一度の人間ドック(私は37歳なので)に行ってきました。

場所は大崎シンクパーク内の振興クリニックさんです。

人間ドックは今回で2回目。前回(初回)は、朝少し遅刻してしまった影響なのか、検査に2時間くらいかかったので、今回は準備万端にして暇つぶしグッズを持って臨みました。

朝8:45分きっかりに受付へ。検査キットを提出して、着替えて待ちます。さぁ、ここから長丁場だと思った矢先に呼び出しが。

○○さーん

看護師さんの声が響きます。

今日は、初っ端からお腹の超音波検査です。この検査はくすぐったくて苦手です。脇腹あたりを撫でられるとくすぐったくて笑ってしまいます(^^;

一つ終わると、次から次へと呼ばれてしまい、暇つぶしグッズが活躍するときはありませんでした。結局1時間ほど!で検査は終わり、ランチの割引券をもらうも、10時ではお店はどこも準備中です。

仕方なく、スタバへ入り時間をつぶします。

バリウム飲んだ後に、コーヒー飲んで大丈夫かな。腸の中でバリウムが化学反応を起こしたりして。

結構真面目に余計なことを心配しながら1時間ほど本を読んで時間を潰して、検査結果を聞きに行きました。

結果は、、

素晴らしい!(自画自賛)

2年前は、肝機能の数値が軒並み悪く、肝臓も真っ白(脂肪肝、要はフォアグラですね。。)だったのですが、GPT、GOT,γーGTPのいずれも正常範囲内でした。

ところで、この3つの指標の意味ってご存知ですか?2年前に一度調べて、忘れてしまっているので、改めて。

GPT:肝細胞の中に存在する酵素。肝細胞が破壊されると血の中に漏れてくるので、肝臓がダメージを受けている指標になるのだそうです。

GOT:これも肝細胞の中の酵素なんですが、肝臓以外の臓器にも存在する酵素なので、この値だけが大きいときは、肝臓以外の臓器も疑ったほうがいいみたいです。GPTと一緒に値を見てチェックしてね。

γーGTP:肝臓や腎臓などで作られる酵素。お酒を飲みすぎたり、肥満やある種の薬で作られる酵素なんだそうです。胆石ができた場合なんかでもGTPが血の中に出てくるのだそうです。

2年前は、この3つとも赤点だったんです。

この一年で体重も-1kgで肝臓の脂肪も写真で見ると少しうすーくなった(ような気がしました)。先生が言うには体重の減りにしては、数値が劇的に良くなっているので、前回の検査時に何かあった(薬を服用してたとか)ということですが、正直、2年前のことなので記憶がないんですよね。

まぁ、過去は過去ということで、今回の結果を見て思ったのが、この半年くらい続けてきたある習慣が効果あったのかなぁということで、勝手にシリーズ、私はこれでメタボから脱出しました。

  1. 0時には就寝、6:30には起床
  2. 7:15から8時までは読書タイム(おひとり様タイム)
  3. 昼は11時過ぎくらいに少し早く食べて、13時くらいまで会社の回りを散歩
  4. 残業は極力せずに18時には退社

この4か条をこの半年間地道に続けてきました。ダイエット効果は出なかったけど、きっと肝臓にはいい習慣なんだろう。これからもできるだけ続けたいと思います。


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です