サザエさんのオープニングが富山県だった件

By | 2015年5月17日

前回までのスヌーピーは一旦置いておきます。スヌーピーを題材にした子供に受けるモノの価値は後日改めてモデル化します。

今日は久しぶりに見たアニメ『サザエさん』から。

オープニングの有名な『お魚くわえた~♪』の歌のバックに流れるシーンは、日本全国津々浦々、その地方の有名なスポットや名物・名産などを紹介するサザエさんの『旅番組』的なものになっています。

今夜久しぶりに聞いたお魚くわえたの歌のバックは富山県でした。富山県と言えば、ついこの前北陸新幹線が開業し、石川県とならび話題急上昇中の観光スポットです。

私はホタルイカが大好きで、ホタルイカ漁の始まる春先は毎年とても楽しみにしてます。

私の中で

富山県=ホタルイカ

なんですよね。

ホタルイカ、美味しいと思いませんか。家族は誰も食べたがらないので少し寂しいです。家族がいうには、目玉に抵抗があるみたい。確かに、目玉は固く口に残るので、私はいつも箸で取り除いてから食べています。

この富山県がサザエさんのオープニングにこのタイミングで登場したのは見事です。

富山県からサザエさんの制作会社にPRでもあったのでしょうか。はたまた、スポンサーとの間の取引があったのかは不明ですが、お役所的なPRよりよっぽど『富山行ってみたい!』となるのは間違いないと思います。というか、私はこの歌を見て富山へ行ってみたくなりました。

お役所的なPRは、一言で言うなら自慢話のオンパレードですよね。ところがどっこい、サザエさんが紹介するだけで、その自慢話の空気はどこかへ行ってしまうのです。

なんでなんでしょう。

それはサザエさんが富山県と無関係の第三者だから。

これが、もし富山県の観光担当課長がどこぞやの制作会社に依頼して出来上がったCMだとするとどうでしょうか。素直に受け入れなれない?私もそう感じると思います。どうしても”盛られた話では”と疑ってしまうわけです。そう感じてしまう情報には、感動もしないし旅行へ行ってみようとも思わないですよね。

サザエさんのオープニングの裏で、怪しい取引があるのかないのかはおいておいて、マーケティングの感覚からすると、第三者からPRしてもらうというのは強力な手法だと思います。それが有名なあのサザエさんならなおさらです。

では~。


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です